【12月14日】What’s day? 今日は何の日なのか!歴史的な出来事や記念日をチェックしよう!

当ページのリンクには広告が含まれています。
目次

何の日?

討ち入りの日

討ち入りの日とは、1702年(元禄15年)12月14日に、赤穂浪士が江戸・本所松坂町の吉良邸に討ち入りし、主君である浅野内匠頭長矩の仇討ちを成し遂げた日です。

討ち入りのきっかけは、浅野内匠頭が吉良上野介に刃傷沙汰を起こし、切腹を命じられたことです。
浅野内匠頭は、吉良上野介の横暴に反抗したことが原因で切腹を命じられたと主君の忠義を貫いたと主張し、家臣たちは主君の仇を討つことを決意しました。

赤穂浪士は、討ち入りの計画を綿密に練り、12月14日寅の上刻(午前3時ごろ)に、大石内蔵助を筆頭に47人が吉良邸に討ち入りました。
吉良上野介は討ち死にし、赤穂浪士は吉良の首を浅野内匠頭の墓前に供えて、討ち入りを成し遂げました。

赤穂浪士の討ち入りは、当時の幕府にとっても大きな事件であり、幕府は赤穂浪士を切腹させました。
しかし、赤穂浪士の忠義と勇敢さは、人々の心を動かし、江戸時代を代表する忠臣蔵の物語として語り継がれています。

討ち入りの日には、毎年、東京都港区高輪の泉岳寺や兵庫県明石市の大石神社・花岳寺などで、赤穂浪士の供養のための「義士祭」が行われています。

2023年

岸田内閣の新体制が発足し、新たに林芳正官房長官、斎藤健経済産業相、坂本哲志農林水産相、松本剛明総務相が認証式を終えて就任しました。
これに先立ち、政治資金パーティーを巡る裏金問題が浮上した安倍派からの4閣僚と5人の副大臣、官房副長官らが辞任していました。

トレンド

宮沢博行、高城れに 離婚、木戸修、為替ドル円、ViVi国宝級イケメンランキング

シェア頂けると嬉しいです!お願いします。
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次