【3月23日】What’s day? 今日は何の日なのか!歴史的な出来事や記念日をチェックしよう!

当ページのリンクには広告が含まれています。
目次

何の日?

世界気象デー

1950年3月23日に世界気象機関条約が発効したことを記念して、WMO(世界気象機関)が1960年に制定しました。
WMOは、気象・気候情報に基づいて、各国が気候変動対策を強化するための支援を行っています。
また、極端な天候現象への早期警戒システムの強化や、気候変動の影響を受けやすい地域への支援なども行っています。
世界気象デーは、気象・気候問題について考えるだけでなく、私たち一人ひとりができることを実践する機会です。
例えば、節電や節水などの省エネルギー対策、公共交通機関の利用、リサイクルなど、日常生活の中でできることから始めてみましょう。

2024年

キャサリン皇太子妃(42)は22日、ビデオメッセージでがんと診断されたことを公表しました。
1月の腹部手術後、王室はがんではないと説明していたが、後の検査でがんが見つかりました。
チャールズ国王(75)も2月にがんを公表し、治療を続けています。

ロシアの首都モスクワ郊外のクラスノゴルスク市にあるコンサートホールが複数の銃撃犯に攻撃されました。
捜査委員会によれば死者は少なくとも133人に達したと報じられました。

トレンド

キャサリン妃、地震、福島考徳、たける富士、モスクワ

シェア頂けると嬉しいです!お願いします。
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次